BYD(比亜迪:01211.HK)の株式投資情報

LINEで送る
Pocket

BYD

BYD(比亜迪股分有限公司)は、自動車、IT部品(二次電池、携帯部品・組み立て)のほか、太陽電池など新エネルギー事業を手掛ける。電池メーカーとして創業し、2003年に自動車事業に参入。従来型ガソリン車のほか、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などをを生産する。

独ダイムラーとは電気自動車事業で提携。携帯部品事業はBYDエレクトロニック(0285.HK)を通じ展開する。2008年には米著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社、バークシャー・ハザウェイがBYDに出資。

BYD(01211.HK)の株価

BYD(01211.HK)株を購入するにはどれくらい必要?

BYD(01211.HK)の株価、取引単位、最低売買価格は以下のようになります。

株価 44.050香港ドル
取引単位 500株
最低売買価格 304,936円

※ 2020年5月15日時点

なお、中国株の購入方法については、以下の記事でテンセントを例として詳しく説明しています。

テンセント株の購入方法(中国株の買い方)

BYD(比亜迪)の関連ニュース

BYD、トヨタとの合弁会社が設立

自動車・電池メーカーのBYDとトヨタ自動車の合弁会社がこのほど、広東省深セン市で正式に設立されたことが分かった。『証券時報』が2020年3月25日伝えた。

企業情報データベース「天眼査数据」によると、新会社の名称は比亜迪豊田電動車科技有限公司で、登録資本金は3億4500万元。双方が50%ずつ出資し、電気自動車や派生車両、部品の設計開発などを手掛ける。

BYDは昨年11月にトヨタと電気自動車の研究開発会社の設立に向けた合弁契約を締結したと発表。合弁会社が設計・開発した電気自動車は「トヨタ」ブランドを使用できるとしていた。

BYD、米フォードにEV電池供給へ

自動車・電池メーカーのBYD(01211/002594)が米自動車メーカーのフォード・モーターに電気自動車(EV)用電池の供給を行うようだ。外電を引用して『香港経済日報』が2020年6月1日伝えた。

中国工業情報化部の文書によると、フォードの中国合弁企業と長安汽車がBYDの電池を搭載したプラグインハイブリッドカー(PHEV)生産の認可申請を実施。BYDにとって初めてとなる主要自動車メーカー向けの電池供給が合意されたとみられている。

業績推移

年次決算

売上高 純利益 EPS(元)
2013/12 49,767.89 553.06 0.230
2014/12 55,366.38 433.53 0.180
2015/12 77,611.99 2,823.44 1.120
2016/12 100,207.70 5,052.15 1.880
2017/12 102,650.61 4,066.48 1.400
2018/12 121,790.93 2,780.19 0.930
2019/12 121,778.12 1,614.45 0.500

※ 単位:百万元

キャッシュフロー

2015/12 2016/12 2017/12 2018/12 2019/12
営業CF 3,842.09 -1,845.57 6,367.89 12,522.91 14,741.01
投資CF -10,735.99 -13,421.40 -15,716.72 -14,230.76 -20,881.45
財務CF 8,749.79 16,270.22 11,167.82 3,916.51 6,610.35
現金同等物 6,010.93 7,111.23 8,935.95 11,151.06 11,674.30

※ 単位:百万元

配当

配当(HKD)
2013/12 0.050
2014/12 0.000
2015/12 0.000
2016/12 0.545
2017/12 0.141
2018/12 0.204
2019/12 0.060

売上・利益構成

項目 売上構成比 利益構成比
自動車・関連製品 53.5 73.2
携帯電話部品・組み立て 37.2 19.0
二次電池・関連商品 9.3 7.7

※ 2016/06時点

主要株主

株主 シェア(%)
王伝福 20.7
呂向陽 16.2
Berkshire Hathaway Energy 9.1

※ 2016/06/30時点

関連会社

関連会社 シェア(%)
比亜迪汽車有限公司 99.0
比亜迪電子(国際)有限公司 65.8
深セン比亜迪載姆勒新技術有限公司 50.0

※ 2016/06/30時点

最近の動向/今後の見通し

比亜迪(BYD:1211.HK)は4月28日引け後、中国会計基準による2020年第1四半期(1~3月)の業績を発表し、純利益が前年同期比85.0%減の1億1263万人民元(約17億円、希薄化後EPS:0.02人民元)に縮小したと報告した。売上高は35.1%減の196億7854万人民元。

新型コロナウイルスの流行やマクロ経済の悪化を受け、自動車業界全体の需要が低迷した。同社がこれ以前に発表した営業データによると、1~3月期の新車販売は前年同期比47.9%減の6万1273台に縮小。うちガソリン車が12.0%減の3万9081台、新エネ車が69.7%減の2万2192台に落ち込んだ。

ただ、今後は業績回復を見込む。同社は併せて、2020年6月中間期の純利益が前年同期比10.0~23.8%増の16億~18億人民元に達するとの見通しを示した。第2四半期(4~6月)には新型コロナ流行の影響が薄れ、自動車業界が回復に向かうとの見方。新エネ車の販売台数、売上高は底打ち回復し、ガソリン車についても「宋Pro」などを中心に良好な売れ行きが期待できるとしている。

BYD(01211.HK)の目標株価

目標株価 日付
JPモルガン 66.0香港ドル 2020/6/5
モルガン・スタンレー 51.0香港ドル 2020/4/29
大和 50.0香港ドル 2020/4/1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう