中国蒙牛乳業(02319.HK)の株式投資情報

LINEで送る
Pocket

蒙牛

乳製品の中国大手。酪農地帯の内モンゴル自治区を拠点とし、牛乳生産で国内首位。中核ブランドは「蒙牛」。蘭ラボバング発表の「世界の乳業上位20社」で2017-19年ともに10位。

2019年6月末時点で国内43カ所やニュージーランドなどに生産拠点を持ち、年産能力は1027万トン。

国有企業の中国糧油食品集団が実質筆頭株主で、仏ダノンが2位。デンマークのアーラ・フーズとも資本提携。生乳の中国現代牧業(01117)、粉ミルクの雅士利国際(01230)を傘下に置く。

中国蒙牛乳業(02319.HK)の株価

中国蒙牛乳業(02319.HK)株を購入するにはどれくらい必要?

中国蒙牛乳業(02319.HK)の株価、取引単位、最低売買価格は以下のようになります。

株価 28.60香港ドル
取引単位 1000株
最低売買価格 396,256円

※ 2020年5月19日時点

なお、中国株の購入方法については、以下の記事でテンセントを例として詳しく説明しています。

テンセント株の購入方法(中国株の買い方)

中国蒙牛乳業の関連ニュース

中国蒙牛乳業とコカ・コーラ、中国本土で低温乳製品の生産・販売へ

中国蒙牛乳業がこのほど、米コカ・コーラと共同で中国本土で低温乳製品の生産・販売を行うことがわかった。両社は投資規模や比率など詳細は明らかにしなかったものの、先月末までに合弁企業の設立で中国の国家市場監督管理総局から認可を取得したことを明らかにしている。『香港経済日報』が2020年5月13日伝えた。

中国蒙牛乳業は、双方の乳製品分野における研究開発力や加工技術、ブランド影響力、販売面での優位性などを活かし、中国の消費者に新たな低温乳製品ブランドを提供するとともに、中国の乳製品消費のグレードアップにつなげたいとして意欲をみせている。

業績推移

年次決算

売上高 純利益 EPS(元)
2016/12 53,779 -751 -0.193
2017/12 60,155 2,047 0.526
2018/12 68,977 3,043 0.779
2019/12 79,029 4,105 1.049

※ 単位:百万元

キャッシュフロー

2016/12 2017/12 2018/12 2019/12
営業CF 4,512 5,505 6,363 6,307
投資CF -4,005 -11,450 -4,231 -17,529
財務CF -4,036 5,748 -900 10,614
現金同等物 3,355 3,129 4,370 3,798

※ 単位:百万元

配当

配当(HKD)
2016/12 0.089
2017/12 0.120
2018/12 0.181
2019/12 0.181

主要株主

株主 シェア(%)
中糧乳業投資有限公司 31.38
Schroders Plc 6.98
FIL Ltd. 6.27

関連会社

関連会社 シェア(%)
China Dairy Holdings 100
中国現代牧業控股有限公司(01117) 60.77
雅士利国際控股有限公司(01230) 51.01

最近の動向/今後の見通し

2019年12月期(本決算)は35%増益、原料高も販売増で吸収

中国蒙牛乳業(2319.HK)は3月25日引け後、2019年12月期(本決算)の業績を発表し、純利益が前年比34.9%増の41億543万人民元(約639億円、希薄化後EPS:1.046人民元)に達したと報告した。売上高は14.6%増の790億2985万人民元。1株当たり0.181人民元の期末配当を実施する方針。

製品のリニューアルや積極的なブランドマーケティングなどが奏功し、販売量が増加した。原料乳価格は上昇したものの、売上高の増加と製品構成の高度化で吸収。粗利益率は37.4→37.6%(+0.2ポイント)と小幅ながら改善している。

このほか、子会社(石家荘君楽宝乳業)の売却益を計上したことも利益積み上げにつながった。ただ、プロモーションの強化によって広告宣伝費などが大幅に増えた結果、営業費用の対売上高比は32.9→36.5%(+3.6ポイント)に上昇している。

部門別では、粉ミルクが好調。売上高が30.8%増の78億6970万人民元と高い伸びを示した。傘下の雅士利国際(1230.HK)などを通じて手がける同事業では、成人向け製品が好調だった。

主力の液状乳製品(牛乳、乳飲料、ヨーグルトなど)部門も堅調。売上高は14.3%増の678億7780万人民元に伸びた。一方、アイスクリームは振るわず、売上高が5.9%減の25億6140万人民元に縮小している。

新型肺炎で2020年上期業績に影響の見通し

中国の乳製品大手、中国蒙牛乳業(02319.HK)は26日朝方、新型肺炎の影響により、2020年上期の販売や業績が影響を受ける見通しを明らかにした。現在も市場や業界で影響が続いているため、具体的な影響の程度は不明としている。

会社側は、新型肺炎が猛威を振るう武漢を除き、その他の全国の生産拠点はいずれも操業を再開し、市場に供給を行っているとした。ただ、新型肺炎の影響により、一部製品の輸送経路が制限され、販売拠点の運営や製品の回転などで比較的大きな影響を受けたと説明。

これにより、2-3月の販売やサプライチェーンに支障が出ているとした。また、従業員の健康・安全の確保や生産再開に向け追加で費用を投入したほか、在庫調整や寄付を行った影響で2-3月にコストがかさんだことを明らかにしている。

中国蒙牛乳業(02319.HK)の目標株価

目標株価 日付
Citigroup 39.05香港ドル 2020/5/11
Daiwa 31.80香港ドル 2020/3/27

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう