ホーム > 米国株 > 米国株の基礎知識(概要、取引時間、休場日、主要指数)

米国株の基礎知識(概要、取引時間、休場日、主要指数)

LINEで送る
Pocket

NYSE

NYSEとナスダック

NYSE

世界最大の取引所。世界一上場審査が厳しい。運営親会社グループが 2007年に欧州のユーロネクストと合併。現在は商品や指数、オプションを主力とする米インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下。2016年7月現在2330社が上場している。

代表的な銘柄

ビザ(V)、マスターカード(MA)、アメリカン・エクスプレス(AXP)、エクソンモービル(XOM)、ゴールドマンサックス(GS)、ウォルト・ディズニー(DIS)、IBM(IBM)、ナイキ(NKE)など

ナスダック

アメリカにはNYSEの他に、もうひとつ有名な取引所があります。それがナスダック(NASDAQ)です。ハイテク企業が数多く上場している世界最大の新興企業向け市場で、2016年7月現在2877社が上場している。

代表的な銘柄

アップル(AAPL)、アルファベット(GOOGL)、マイクロソフト(MSFT)、アマゾン・ドットコム(AMZN)、フェイスブック(FB)、エヌビディア(NVDA)、ネットフリックス(NFLX)など

取引時間

現地時間 9:30〜16:00
日本時間 23:30〜6:00
日本時間(米国サマータイム時) 22:30〜5:00

ADR(米国預託証券)

ADRは、American Depositary Receiptの略称で日本語訳は米国預託証券。米国以外の国で発行された株式を裏付けとして預託銀行によって発行され、米国証券取引所に上場している預託証券です。

裏付けとなる株式の価値を表象するため、原則として当該株式の発行国市場の価格に連動する(※)。また配当、分割、併合等のコーポレートアクションも原則として裏付けとなる株式と同等の配分を受ける。中国、欧州など米国以外の株式市場に上場する企業に、米ドル建てで投資できるため、米国人投資家にとって利便性が高い投資証券とされる。

※ADRの取引価格は需給バランス等によって、本国の株価と乖離が生じる場合もあります。

代表的な銘柄

アリババ(BABA)、百度(BIDU)、Cトリップ(CTRP)、JDドット・コム(JD)、BP(BP)、ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS.B)、BHPビリトン(BHP)、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)、ユニリーバ(UL)など

2018年の休場日

1月1日(月) 元旦
1月15日(月) マーティン・ルーサー・キング・デー
2月19日(月) プレジデント・デー
3月30日(金) 聖金曜日
5月28日(月) 戦没者追悼記念日
7月4日(水) 独立記念日
9月3日(月) レイバー・デー
11月22日(木) 感謝祭
12月25日(火) クリスマス

<短縮取引日>
上記の休場日の他、以下の日程で取引時間が短縮となります。
【2018年】 7/4、11/23
短縮取引日の取引は、立会取引が13:00、時間外取引は17:00までとなります。
(いずれも現地取引時間)

※休場日、短縮取引日の情報は各取引所の情報に基づいておりますが、変更訂正される場合がありますのでご注意ください。

主要指数

ダウ工業株30種平均

米ダウ・ジョーンズ社が発表する代表的な株価指数です。米国を代表する工業株30社を組み入れ対象とし、各社の株価を平均して算出されます。採用銘柄の30社は、いずれも世界的に知名度が高い大型優良企業です。構成銘柄は定期的に入れ替えが行われる。

大半はNYSE上場銘柄ですが、ナスダック銘柄の一部も採用されています。

チャート

ナスダック総合指数

米ナスダック市場に上場する全銘柄で構成する時価総額加重平均型の指数。算出は1971年2月5日からで、当時の水準を100とする。2004年1月1日以前に他の米市場に上場していないことが構成銘柄の条件となる。英語表記は「NASDAQ Composite Index」。

1990年代後半以降、NASDAQには、マイクロソフトなどのハイテク関連企業、グーグルなどのインターネット関連企業が数多く上場しており、このため、現在ではハイテクやネット関連業界の動向を窺う上での重要な指標とされる。

チャート

S&P500

格付け大手スタンダード&プアーズ(S&P)社が選定した主要500社について、時価総額の加重平均を算出した指数。ダウ工業株30種平均よりも多くの業種をカバーしているため、機関投資家が運用を行う場合の代表的ベンチマークとされています。

チャート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう