ホーム > 米国株 > 個別銘柄情報 > ペイパル(PayPal:PYPL)の株式投資情報

ペイパル(PayPal:PYPL)の株式投資情報

LINEで送る
Pocket

PayPal

ペイパル・ホールディングス(PayPal Holdings, Inc)は米国の電子決済サービス企業。事業者と顧客を代行して売買決済をインターネット上で行う。

顧客の携帯電話やタブレット・ウェアラブル端末などに対応し、プラットフォーム名は「ペイパル」、「ペイパル・クレジット」など。事業者はウェブサイトや店舗からも決済サービスの利用が可能。

取扱手数料が主な収益源。モバイル向け決済が成長を牽引。2015年にネット通販大手のeBayから分離・独立し、ナスダックに再上場した。

2016年7月にビザ、同年9月にはマスターカード、シティ、フィディリティ・ナショナルと次々と提携するなど戦略計画を着々と推進する。

業績推移

売上高 営業利益 純利益 希薄化後1株益
2014/12 8,025 1,268 419 0.34
2015/12 9,248 1,461 1,228 1.00
2016/12 10,842 1,586 1,401 1.15
2017/12 13,094 2,127 1,795 1.47

※ 単位:百万USD

キャッシュフロー

2014/12 2015/12 2016/12 2017/12
営業CF 2,220 2,546 3,158 2,531
投資CF -2,881 -8,038 -4,999 -5,358
財務CF 1,284 4,728 2,038 4,084
現金同等物 2,201 1,393 1,590 2,883

※ 単位:百万USD

地域別売上高

地域 2014 2015 2016 2017
米国 3,877 4,640 5,760 7,084
英国 1,155 1,191 1,257 1,402
その他 2,993 3,417 3,825 4,608
Total 8,025 9,248 10,842 13,094

※ 単位:百万USD

セグメント別売上高

セグメント 2014 2015 2016 2017
トランザクション収入 7,107 8,128 9,490 11,402
その他の付加価値サービス 918 1,120 1,352 1,692
Total 8,025 9,248 10,842 13,094

※ 単位:百万USD

アクティブアカウント数、取扱高等

paypal key performance 2017

Source: PayPal

2017年時点で、アクティブ・カスタマー・アカウントは、前年比15%増の2億2700万アカウント、ペイメント・トランザクションは、前年比24%増の76億トランザクション、取扱高(トータル・ペイメント・ボリューム)は、前年比27%増の4510億ドル(約48兆5207億円)とビジネスが順調に推移している。

最近の動向/今後の見通し

2017年4-6月期(第2四半期)決算は、27.2%の大幅増益となった。ユーザー数と決済取扱高の増加が寄与した。

純利益は4億1100万ドル(1株当たり0.34ドル)。前年同期は同3億2300万ドル(同0.27ドル)だった。総売上高は18.3%増の31億4000万ドル。

2017年の調整後1株利益見通しは1.80-1.84ドルとし、従来予想の1.74-1.79ドルから引き上げた。通年の売上高見通しは127億7500万-128億7500万ドルとし、こちらも従来予想(125億2000万-127億2000万ドル)から引き上げた。

ダン・シュルマン最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会見で、モバイル端末向けを中心に顧客サービスを改善したことや、中国の百度(BIDU.O)やバンク・オブ・アメリカ(BAC.N)などとの提携を通じて顧客ベースの拡大に努めたことなどに言及した。

2017年6月、ペイパルはJPモルガン・チェース(JPM.N)やアップル(AAPL.O)とも提携で合意している。

顧客口座数は第2四半期に650万件増加した。決済取扱額は1060億ドル。このうちモバイル決済サービスの取扱額は約360億ドルと前年比50%増加した。モバイル即時決済サービスの「ベンモ(Venmo)」を通じた決済取扱額は80億ドルと、2倍以上に急増した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう