ホーム > 米国株 > 個別銘柄情報 > エヌビディア(NVDA)の株式投資情報【株価・事業内容・決算情報等】

エヌビディア(NVDA)の株式投資情報【株価・事業内容・決算情報等】

LINEで送る
Pocket

NVIDIA

エヌビディア(NVIDIA Corporation)は、米国カルフォルニア州サンタクララにある大手半導体メーカー。コンピュータのグラフィッック処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(Graphics Processing Unit)を開発・販売している。

製品の用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、自動車へと広がってきている。

グラフィック処理ユニット(GPU)事業には、デスクトップやノートブックPCをサポートするGeForceディスクリートやチップセットの販売、インテルからのライセンス収入、メモリー製品の販売が含まれる。

Tegraプロセッサ事業は、タブレット、スマートフォン、ゲーム端末などのモバイル機器上で、優れたビジュアル表現とマルチメディア効果を極小の消費電力で実現するプロセッサを提供する。

エヌビディア(NVDA)の株価

エヌビディアについて

NVIDIA

元々は(主に)ゲーム用GPUメーカー

エヌビディアは今、世界で最も注目されている半導体企業といっても過言ではない。主力製品のGPUは、従来テレビゲームなどで画像を映し出すために用いられてきた。

そのGPUが、最新の人工知能(AI)技術、「ディープラーニング(深層学習)」での情報処理に適していることがわかり、世界中から注目を集めている。

注目を集める「ディープラーニング」

ディープラーニングとは、コンピューターによる「機械学習」の一種です。人間の脳をモデルに考えられた「ニューラルネットワーク」を改良し、画像や音声などの認識や、自動運転などの複雑な判断を可能にするシステム構築することを可能とする。

一般に機械学習とは、コンピュータの人間がプログラムコードをすべて書くのではなく、学習するシステム(ここではニューラルネットワーク)を作り、それにさまざまな情報を与えて認識などの処理を行うシステムを構築することです。

ディープラーニングの分野で注目の領域がデータセンター事業です。エヌビディアはグーグルやテンセント、IBMといった大手企業との契約を取り付けており、最近では百度がクラウドサービスにエヌビディアのGPUを採用している。

さらにディープラーニングは自動運技術にも取り入れられており、同社は大手自動車部品メーカーのボッシュや大手トラックメーカーのパッカーとの協力を最近発表。また、トヨタとの提携も発表した。

自動運転でも先行

画像処理等に秀でた半導体を開発してきたエヌビディアは、自動運転に欠かせない半導体と基礎的なソフトウェアを開発し、米テスラ、独アウディ、独ダイムラー、スウェーデン、トヨタといった自動車メーカーと提携。

エヌビディアがトヨタとの契約を明らかに出来たことで、エヌビディアは自動運転の市場で明確なリードを築いたと業界に印象づけることに成功した。

エヌビディアがトヨタとの契約を勝ち取ったことは、市場からも大きく評価されている。

2018年第1四半期(FY18/Q1)の決算を発表した5月9日(現地時間)の終値は102.94ドルだったエヌビディア(NVDA)の株価は、トヨタとの契約を発表した5月10日(現地時間)の終値の段階で121.29ドル、翌月6月9日(現地時間)の終値の段階で149.60ドルまで上昇している。1ヶ月で実に45%もの株価上昇。

トヨタとの提携だけが要因ではないとはいえ、明らかに市場からは高評価されている。

エヌビディアの関連ニュース

トヨタがエヌビディアと提携、自動運転

トヨタがNVIDIAと提携、自動運転

2017年5月10日、米カリフォルニア州サンノゼで開かれた会見で、エヌビディアはトヨタとAI(人工知能)を使った自動運転車の開発で協業すると発表。

エヌビディアが開発中の次世代GPUを、トヨタが実際に製品化する自動運転車に搭載するだけでなく、両社は自動運転の実現に向けたソフトウエアも共同開発する。

自動車メーカーがエヌビディアのAI自動運転プラットフォームの採用を決めたのは、米テスラ、独アウディ、独ダイムラー、スウェーデンのボルボに次いで5社目となる。

ソフトバンクが第4位の大株主に

Softbank Vision Fund

ソフトバンクは「ビジョン・ファンド」発表の際、エヌビディア株式を保有していることを公表したが、その保有率は約4.9%で第4位の大株主であり、金額は40億ドルだとBloombergが報じた。

エヌビディアはGPUメーカーとして知られるが、近年はAI(人工知能)や自動運転車分野で注目を集めており、同社への投資は「情報革命の次の段階の基盤となりうるプラットフォームを実現するような事業」を支援するという孫正義社長の戦略に沿っているといえる。

主要顧客

アップル、アマゾン、テスラ、アウディ、ダイムラー、ボルボ、テンセント、百度、アリババなど

業績推移

売上高 営業利益 純利益 希薄化後1株益
2015/01 4,682 759 631 1.12
2016/01 5,010 747 614 1.08
2017/01 6,910 1,934 1,666 2.57
2018/01 9,714 3,210 3,047 4.82

※ 単位:百万USD

キャッシュフロー

15/01 16/01 17/01 18/01
営業CF 906 1,175 1,672 3,502
投資CF -727 -400 -793 1,278
財務CF -834 -676 291 -2,544
現金同等物 497 596 1,766 4,002

※ 単位:百万USD

配当

配当(USD)
2015/01 0.34
2016/01 0.395
2017/01 0.485
2018/01 0.570

セグメント別売上高推移

NVIDIA 四半期のセグメント別売上高推移

※ 単位:百万USD

売上の推移を見てみると、ゲーム用途のPC・専用機向け集積回路セット(GPU)が収益の柱となっていて、売上の50%超を占める。

また、データセンタ向けも伸びており全体の20%程になっている。アマゾンAWS、マイクロソフト、IBM、テンセント、アリババなど主要クラウドサーバに軒並み採用されている。一方で話題となっている自動車系は実のところ10%にも満たない。

最近の動向

エヌビディア(NVDA)が発表した2018年1月期第3四半期決算は、パソコン(PC)やゲーム、データセンターなどで使用されるグラフィックスチップの強い需要が寄与し、利益と売上高がともに予想を上回った。

売上高は31.5%増の26億4000万ドル。純利益は8億3800万ドル(1株当たり1.33ドル)で、前年同期の5億4200万ドル(同0.83ドル)から増加。同社が事業を展開する全ての市場で売上高が前年同期比で増えたほか、ほとんどの市場で前四半期比でも増収となった。

部門別の売上高は、ゲーム部門が25%増。データセンター部門は前年同期の2倍以上に増加、前四半期比では20%増加するなど急成長を続けており、エヌビディアの株価はこの2年で7倍になっている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう