ホーム > 中国株 > IGGの株式投資情報【事業概要・決算情報等】

IGGの株式投資情報【事業概要・決算情報等】

LINEで送る
Pocket

ロードモバイル(王国紀元)

主力事業はモバイルゲームの開発・配信。多言語ブラウザゲーム、クライアントベースのゲームなども手掛ける。200を超える国や地域に3億8000万人のユーザーを持つ。月間アクティブユーザー数(MAU)は約1700万人(2016年12月末時点)。

代表作はモバイルゲーム「キャッスルクラッシュ(城堡争覇)」。本部はシンガポールにあり、10数カ国に拠点を置く。2015年7月、香港GEMからメインボードに指定替えした。

決算情報

年次決算

売上高 純利益 EPS(米ドル)
13/12 87.99 6.95 0.008
14/12 204.61 66.37 0.049
15/12 202.55 41.49 0.030
16/12 322.09 72.62 0.054
17/12 607.25 156.03 0.117

※ 単位:百万米ドル

キャッシュフロー

13/12 14/12 15/12 16/12 17/12
営業CF 18.46 70.82 53.56 74.43 172.24
投資CF -10.95 -53.15 45.60 -7.05 -6.17
財務CF 102.86 -16.09 -39.90 -68.42 -128.62
現金同等物 125.49 127.09 185.50 184.06 221.89

※ 単位:百万米ドル

配当

配当(HKD)
2013/12 0.016
2014/12 0.226
2015/12 0.210
2016/12 0.177
2017/12 0.490

地域別売上高

地域 売上(百万米ドル) (%)
アジア 105.092 32.6
欧州 102.691 31.7
北米 99.224 30.8
その他 15.710 4.9

※ 2016年度実績

主要株主

株主 シェア(%)
Duke Online Holdings Ltd.(蔡宗建) 13.5
Edmond Online Holdings Ltd.(池元) 11.7
許元 2.0

※ 2016/12/31時点

関連会社

関連会社 シェア(%)
IGG Singapore Pte.Ltd. 100
Sky Union,LLC 100
福州天盟数碼有限公司 100

※ 2016/12/31時点

最近の動向/今後の見通し

旗艦モバイルゲーム「ロードモバイル(王国紀元)」、「キャッスルクラッシュ(城堡争覇)」の好調を背景に、2016年12月本決算は、売上高が前年比59.0%増の3億2200万米ドル、純利益は前年比75.0%増の7300万米ドルと増収増益を達成した。

2016年3月に配信を始めたモバイルゲーム「ロードモバイル(王国紀元)」の収入は1億2400万米ドルに上った。

主力ゲーム「キャッスルクラッシュ(城堡争覇)」は投入から3年を過ぎても人気が衰えず、2016年の収入も12.1%増の1億3600万米ドルと堅調だった。月間アクティブユーザー数は世界全体で約900万人を記録した。

2017年は戦略ゲームとタイルマッチング・ゲームを数種類投入する予定。また、「キャッスルクラッシュ」と「クラッシュオブロード(領主之戦)」の続編や、サンドボックスゲーム「TUG」を開発している。事業の急成長につながる買収・合併の機会も引き続き物色する。

IGG、2017年度の純利益率目標は30%以上

2016年12月期の純利益率は22.6%で、前年を2.1ポイント上回った。同社最高執行責任者(COO)の許元氏は2017年3月23日開いた業績発表会で、2017年の純利益率を30%以上に引き上げる目標を示した。

株主への利益還元については、昨年は純利益の9割を配当や自社株買いに投じたと指摘。今年も同水準を目指すが、確約はできないとした。「経済通」が23日伝えた。

許COOによると、同社は現在15〜20タイトルのゲームを開発しており、うち6〜7タイトルを年内に配信する予定。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう