ホーム > 米国株 > 個別銘柄情報 > セールスフォース・ドットコム(CRM)の株式投資情報

セールスフォース・ドットコム(CRM)の株式投資情報

LINEで送る
Pocket

セールスフォース・ドットコム

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com, Inc.)は、企業向け顧客関係管理(CRM)ソフトウェアを提供している会社です。

高額なシステムの導入なしにインターネット経由で最新サービスを利用できるため、コスト効率的で使いやすい同社サービスが急速に普及。

2013年にマーケティング支援サービスをクラウドで提供する「ExactTarget(エグザクトターゲット)」を買収した。営業、カスタマーサービス、マーケティングを総合的に支援するクラウド企業へ進化。

セールスフォース・ドットコム(CRM)の株価

業績推移

売上高 営業利益 純利益 希薄化後1株益
2014/01 4,071 -286 -232 -0.39
2015/01 5,373 -145 -262 -0.42
2016/01 6,667 78 -47 -0.07
2017/01 8,391 79 179 0.26

※ 単位:百万USD

キャッシュフロー

14/01 15/01 16/01 17/01
営業CF 875 1,181 1,672 2,162
投資CF -2,432 -698 -1,488 -2,684
財務CF 1,598 -318 73 998
現金同等物 782 908 1,158 1,607

※ 単位:百万USD

地域別売上高構成比

地域 (%)
米国 71.2
欧州 16.4
アジア太平洋 9.5
米大陸(米国除く) 3

※ 2016年度実績

最近の動向/今後の見通し

2018年第1四半期(2-4月期)決算は、売上高は前年同期比25%増の23億8700万ドル、純損失は920万ドルだった。

サブスクリプション(サービス利用権)とサポートの売上高は前年同期比24%増の22億ドル、プロフェッショナルサービスとその他の売上高は同32%増の1億8700万ドルだった。

サブスクリプションのセグメント別売上高は、「Sales Cloud」が8億2960万ドル、「Service Cloud」が6億5120万ドル、「Marketing Cloud」および「Commerce Cloud」が2億8900万ドル、「Salesforce」プラットフォームおよび他の売上高が4億3110万ドルだった。

主力の「サブスクリプション&サポート」、法人向け個別対応型ソリューションなどの「プロフェッショナルサービス他」とも販売は好調だったが、研究開発やマーケティングなど戦略的なコストが膨らんだ他、支払利息が重しとなり、最終赤字(前年同期は3876万ドルの黒字)に転じた。

第1四半期決算を受け、会社側は第2四半期で売上高25億1000万ドル〜25億2000万ドル(前年同期比23%増)、通期では売上高102億5000万ドル〜103億ドル、希薄化後EPS(Non-GAAP)は、1.28〜1.30ドルの黒字になると見通しを引き上げている。

主力サービスは成長加速

主力のセールスクラウドは、規模拡大にも関わらず緩やかな成長が続いている。人工知能(AI)サービス「Einstein」の導入などによるセールスクラウド自体の機能向上に加え、他の周辺サービスが揃ってきたによるクロスセル効果も需要好調の要因となっている模様。

また、当該四半期では、フロリダ州との新規案件獲得や、米国陸・空軍との取引を拡大するなど、政府系機関とのビジネスが増加してきている。

B2Cや比較的中規模企業との取引が多かった同社であるが、今後はそれら以外の領域もセールスフォース・ドットコムの成長余地となろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう